| 昔、あの頃 | 切花を楽しむ | 旬の花カレンダー | お祝 お見舞い | お悔やみ | プリザーブドフラワー | ブライダル |
| メールオーダー | 地方発送 | 特定商取引に関する表示 | 店舗のご案内・リンク集 | MIYAGI 教室 | MAMI 教室 | HOME |
切花を楽しみましょう


大切な方からプレゼントとしていただいた花束やアレンジメント、少しでも長く楽しみたいものです。そんな時、ちょっとしたアイデアでお花は鮮度を保ってくれます。切花のお手入れをご紹介します。意外に簡単ですよ。


花を活ける前のお手入れ

いただいた花束やアレンジメント、綺麗にラッピングしてありますが、すぐに外してお花が呼吸しやすいようにしてあげましょう。水から上げたお花の茎の切り口は、空気が水を吸収する管(導管)に蓋をした状態で、水を吸収し難くなっています。そんな時には水揚げをします。


水揚げの種類と方法

水切り 花の茎を潰さないよう、よく切れるはさみやナイフを使います。水中で茎を2〜3p切ります。2〜3回繰り返し、そのまま暫く水に浸けたままにします。ほとんどの花に適しています。
湯上げ 根元を5〜10p出し、花は紙で包んでおきます。バケツに底から2〜3p程熱湯を入れ、花に熱気がかからないよう注意しながら、切り口を20〜30秒浸けた後、すばやくバケツの水の中に入れ、そのまま暫く休ませます。
水折り 水中で根元から2〜3pのところを手で折ります。はさみで切るより切り口がギザギザになり、一層水を吸い上げやすくなります。茎の繊維が丈夫なキク等の花に適しています。
焼  く

濡れた紙で花を包み、根元2p程を真っ赤になるまで焼き、炭になったらすぐにバケツの水の中に入れてショックを与えると、花の先まで水があがります。又、バクテリア等の細菌の繁殖も防ぎます。

逆  水 花は葉の裏側からも水分が蒸発します。花を逆さにして、花に水がかからないよう、少し斜めにして持ち、根元の方からジョウロ等で水をかけます。
深 水 紙で花をきっちりと包み、水をいれた細身の容器に、花を真っ直ぐに立てて入れます。花丈の半分以上が水に浸かるようにして3〜4時間おきます。これは水圧を利用して水揚げする方法です。
浅 水 もともと水の吸収の良い花は、水を入れ過ぎると、早く咲ききってしまいます。水揚げは容器の底から2〜3pの水で良いでしょう。

毎日のお手入れ

花の置き場所として、直射日光のあたる場所は、水温が上がり花器の中に細菌が繁殖しやすくなります。又、エアコンの風が当たる場所は乾燥しすぎます。乾燥を防ぐには、葉の裏側に霧吹きで水をかけます。

水かえ 夏は毎日、冬でも一日おきで水をかえます。花器も良く洗い、内側のぬめりを取って水の腐敗を防ぎます。又、腐敗防止に市販の延命剤を使うのも便利です。
花がら取り 花はしおれたものを取り除けば次々に咲きます。又、黄ばんだ葉やしおれた葉もこまめに取り除きます。
切もどし 水かえの時、ついでに根元を1〜2p切って給水口を新しくします。茎が大きく変色していたらその部分は切ってしまいます。又、茎のぬめりも水できれいに洗い流します。
その他 花を長持ちさせるには、市販の延命剤を使うのも便利ですが、家庭にあるものでも充分間に合います。砂糖、中性洗剤、漂白剤、氷(夏場)、酒(冬場)等いずれも少量、数滴を花器に入れる事により、栄養を与えたり、細菌の繁殖を防いだりして花を長持ちさせる事が出来ます。


| 昔、あの頃 | 切花を楽しむ | 旬の花カレンダー | お祝 お見舞い | お悔やみ | プリザーブドフラワー | ブライダル |
| メールオーダー | 地方発送 | 特定商取引に関する表示 | 店舗のご案内・リンク集 | MIYAGI 教室 | MAMI 教室 | HOME |
佐世保の花屋さん「花徳フローリスト」長崎県佐世保市松浦町2-4花徳ビル1階 TEL:0956-25-1187 FAX: 0956-22-6481
Copyright©2015-2015 Hanatoku.jp All Rights Reserved. DesignDNS